スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電磁波について

昨年のことになりますが、うちの管理するマンションに新しく入居された方に言われたことがあります。

「ここのマンションは電磁波が強く自分の体に影響が出てきた、もうここには住めない」

正直『えっ??』って思いましたが、この入居者の方のお話を聞いているうちに「う~ん、確かに電磁波の影響はあるかも・・・」と気づいた点がありました。

それはすぐ近くに送電線があり高圧線がマンションのかなり近くを通っていること。

入居者の方の申し出で北電に電磁波を測ってもらいました。

電磁波はマンション室内ではまったく問題がありませんでした。

しかし結局その入居者さんは1ヶ月後に引っ越してしまいました(涙)。

このマンションは築20年、今までこのような苦情(?)を言われたのは初めてで戸惑いましたが、北電の方の話によると電磁波を心配する方が結構いらっしゃるとのこと、賃貸マンションなら引っ越せばよいが分譲となるとそうはいかないので分譲マンションを購入予定の方に電磁波の測定や影響などの説明の要望が多いそうです。

私自身生まれた時からずっと同じ場所に住み、それこそ送電線は物心ついた時から見て育ちました。

電磁波に対する免疫ができているのか???まったく電磁波のせいで具合が悪いんてことはない。。。

友人が電磁波についていろいろ調べてくれた中でおもしろいのが、電磁波の影響を受けやすいのは女性が圧倒的に多く頭痛、めまい、だるさ、うつ症状など深刻な症状も出てくるそうで、一番怖いのが発がん性だという。

そして欧米諸国では電磁波の影響を重く見ることが多く、IH式などもってのほか・・・と認めている国もあるそうだ(どこの国かはわかりません・・・受け売りですみません)

この狭い日本の住宅地で電磁波から逃れられるところなどあるのだろうか??
電磁波から逃れようと思いながら生活しているとそれこそノイローゼになってしまう。

初めの話に戻るが、引っ越してしまった入居者の方、引っ越す前に部屋を見せてもらうと換気口をすべてビニールでふさいでいた・・・それはなぜか?と聞いたら、風が電磁波を運ぶから・・・だそうで(汗)換気口をすべて閉じてしまった鉄筋コンクリートのマンションの部屋は空気が淀んでいた。

そのような部屋に電化製品がたくさん並べてあり電気が使われているのだ。
家電から出る電磁波の方がよっぽど強いのではないかと思った。

電磁波に対しての過度な恐怖はかえって自分自身を追いこんでしまうのではないかと喉まで出てきた言葉を飲みこんだのを今でも覚えているが、ここまで病的になってしまった人の心を動かすことはできないと観念し逆に引っ越しを進めてしまった自分であった。

そういえば、何年か前に電磁波を恐れてすべてを白い布で覆いかぶせた団体がいたなぁ~
あの団体は今でも白い布を頼りに自分達の身を守っているのだろうか・・・。







スポンサーサイト

賃貸事情(一人暮らしの例1)

会社で管理している賃貸住宅の中には一人暮らしの高齢者が何人かいます。

もちろん賃貸契約を結ぶ際は、定年退職後の方は御家族がいらっしゃらない限りは契約は結びません。

しかし、5年、10年住んでいるうちに定年を迎えられる方もいらっしゃいます。

そして、最近とっても困ったことが・・・

昨年、定年を迎えられた方ですが、退職後はもちろん仕事にも行かないのでお酒好きのその方は、昼間からお酒を飲んでいらっしゃることが多くなり泥酔したまま車を運転し、お酒を買いに行ったりしているようで・・・
そして案の定、事故(自損事故)も起こしてることが発覚。

管理会社の方にも警察の方が来たことも・・・

完全にアルコール依存症のようで、保証人の方が心配して話をしに来てもまったく話にならず。

このままこの方を放っておいて火事でも起こされたら・・・と、不安な状態が今も続いていますが、このような場合
アルコール依存症の患者さん特有の説得の仕方があるのではないか・・・?
「お酒をやめなさい」と言われるのが一番勘に触るであろう彼にどのようになだめすかして専門病院へ連れて行くか、
保証人と共に悩む管理会社なのです。

でも、彼の場合は保証人の方がとても責任感のある方で本当に助かりました。

大概こういう場合は、保証人も連絡がつかないか何もアクションを起こしてくれない場合が多い。

連帯保証人とはいっても家賃の保障の義務はあるが、その人自体を更生させる義務はないのである。

今後、彼をどのように説得するか??難しい問題である。
プロフィール

hirokami

Author:hirokami
2009年10月とうとう2コギ2サモの4頭飼いになったわが家のワイワイにぎやかな日常を綴ります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。