スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘭丸、面会訓練1回目

昨日の6日、依託トレーニング中の蘭丸に半月ぶりに面会
どんな様子かすご~く楽しみに、そして久々の再会にどんなにしっぽを振ってくれるかしら~、そしてどんなに喜んでくれるかしら~帰りは絶対に一緒に帰ろうとするだろうな~なんて考えながらトレーナーさんのお宅へ到着。

そしていよいよ半月ぶりの再会!!

犬舎から出てきた蘭丸君、私との感動の再開シーンの想像をシャボン玉がわれるがごとくあっさりと本当にあっさりと打ち砕いてくれた・・・・・・。

9 6 azumayadog
蘭丸が犬舎から出てくる様子を見守るトレーナーさんの愛犬たちです。

さて、出てきたと思ったら・・・。
9 6 ran1
9 6 ran2
9 6 ran3
9 6 ran4
9 6 ran5
私たち(父、母、次男)に全く気付かず・・・。
完全に無視される。。。
おいおい~飼い主忘れたか~?
9 6 ran79 6 ran6 のコピー


な・・な・・なんなんだ~!!

この時点で今まで蘭丸が私のことをリーダーだと思っていなかったことがはっきりわかった。
そしてこの後も、蘭丸の本性を知らされた。

トレーナーさんは、蘭丸のその態度を見て「スピッツ系の犬はクールですからね」って言ってたけど、なぐさめ言葉にしか聞こえなかった・・・。いや絶対に慰めてくれたんだと思う。

その後、散歩兼ねて歩行訓練。9 6 ran8 のコピー


トレーナーさんとかっこよく歩く蘭丸。
9 6 ran9
トレーナーさんのお座りのコマンドでちゃんと座るし。。。。。
おお~すごい進歩!
と感動していたのもつかの間、公園について「じゃあお母さんすわれのコマンドかけて下さい」
私「お座り!」
蘭丸座らず・・・。
私「蘭丸、お座り!」
蘭丸座らず・・・。
私「お~す~わ~り!」
蘭丸座らず・・・。
私「らん!おすわり!」(かなり大きい声)
蘭丸、やっと座る。
でもすご~くいやそう。。。
私「蘭丸こっち見て!」というと・・・。
9 6 ran10
ひょ~!なんなんだ~おまえ~!

そして、トレーナーさんがお座りさせると。
9 6 ran11
むっか~

私にはアイコンタクトぜんぜんしてくれないのはわかったので、違うコマンド「お手」って言ってみると。。。
9 6 ran12
ひえ~!前はちゃんとやったじゃん~。
そして、次男がコマンドをかけると・・・。
9 6 ran13
9 6 ran14
おいおい~私より次男かい!
この時初めて蘭丸の本性がわかった!蘭丸は私のことをおやつおばさんとしか思っていなかった。
次男よりも下に見ていたことを・・・。
9 6 ran15
9 6 ran16

もう2度とおめ~におやつなんかあげるもんか
って本気で思いましたね、今まで蘭丸はおやつのためだけに私のコマンドを聞いてくれていたんだ。
まったくもう~!そんなにしたたかだったとは・・・。


気を取り直し、これからが本当のしつけだということに今更気づいたところで、早速歩行訓練。
9 6 ran17
そして、なんだかんだと蘭丸の様子を観察しながらトレーナーさんにカウンセリングを受け、私が良かれと思ってやっていたほとんどのことがくつがえされてしまった。
例えばエアコン、サモエドは暑さに弱いのですぐに冷房をかけていたのですが、30℃超えるくらいの気温あるいは湿度が以上に高い時以外は冷房はかけないほうがいいそうで・・・。理由は長くなるので書きませんが、最悪の場合リウマチになってしまうこともあるそうで・・・。

とにかくいろいろと間違っていたことがあり、自分で半分はわかっていながら実行できなかったことも反省し、蘭丸が家に帰ってきたその時点から蘭丸への接し方をしっかり変えなければ、すぐにまた元に戻ってしまうことも蘭丸の今回の態度ではっきりわかりました。

まずは、初心に帰って今までの蘭丸のイメージを消して違う犬が我家にやってきたくらいの心構えで取り組まなければいけないなと決心せざるを得なかった。

9 6 ran18

「蘭丸!じゃまた来週ね!」

いろいろ心配していた自分はなんだったんだ・・・・。
それにご心配していただいていた方々・・・まったく心配する必要はなかったようです。
皆様、あきれてしまっていると思いますが、今後ともよろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

蘭丸君の写真が2枚しか見れない・・パソコンに弱い私ですが、何故かわからず・・?
で、文章から想像するのですが、サモはどんな環境にも容易に順応する優秀な犬質を持ってるそうです。蘭丸君は、2日間悩んだあげく気持ちを切り替えたのでしょか・・確かに人間はダイスキですが、あっさりしてる所もあります。又まだ10ヶ月という若さもあるとは思うのですが・・  石川さんの躾け本に、犬はリーダーという考えはないと。よく散歩・ご飯の世話を全てしている奥さんより、ご主人の方が一番尻尾を振るのは、たまにご主人がくれる酒のつまみの方が、おもいがけない喜びで嬉しい相手だったりするだけの事だとか。
チェリーも私と夫とでは、態度がまったく違う(笑)。でも・・心では女同士、通じあってる気がしてます。石川さんは犬との関係は、上下関係でなく母と子の関係と言ってます・・
愛情がやはり全てと思うのですが~~
蘭丸君は、ママさんに甘えてるように思うのですが・・・男の子・女の子では表現が違うと思うので、参考にならないかもしれないけど、チェリーは気持ちを素直に表現せず、逆の表現をする時があります。それが、たまらない程カワイイ~~のです!!
10ヶ月で、いろいろ考える時と想像します。
あせらないで、決して他の子と比較しないで暖かな心で見て頂きたいナ~~と思っております~ 何はともあれ、たくましい蘭丸君であった事に乾杯!!

あ!! 写真全部見れました~~
うわ~ 面白い!! イヤイヤ失礼・・・

チェリーママさん

あたたかいコメントありがとうございます。そうですね、私も石川さんの本で母と子の関係だと書かれていたことを忘れてました。しかしですね、蘭丸の態度を生でみるとわかると思いますが、素直さのかけらもない・・・意外とトレーニングに預けたことを根にもっているのかもしれません(マジで)。
サモエドは人を見て自分の態度を変えますよね、だから蘭丸が素直になってくれるには私の態度や接し方でかなり変わってくると思います。そうするとおやつやおもちゃがなくても素直になってくれるはず(難易度5)ですがね・・・。

でも、預けてよかったと思ってます。少なくともうち以外の環境でそこのルールに従い生活できる能力があることがわかっただけでも私としてはすごい収入です。
今後は、ゆっくり時間をかけて蘭丸とコミュニケーションとれるよう楽しみながら生活していきたいと思います。
いつも温かく見守ってくださり本当に感謝しております。

あからさまな蘭丸君の態度には笑っちゃいますが、ウチの子もきっと同じですよ!ハウスって言っても、入ったり、入らなかったり、しかも直ぐに出て来ちゃうし。ちなみに、すずは、私の事は、ガミガミ婆なので、従わないとうるさいと思ってるようで、わりと言うことを聞くのですが、主人はあまあまさんなので、無視しちゃうことが多いです。

どちらにしても、躾がまるで出来て無いことは明白なので、我が家も本気で母子関係の見直ししないと。。。これから先、何事かで何日か預ける事も出てくるかもしれないので、その時に、すずまるがパニックになったり、過度なストレス感じちゃうのも、問題。やっぱりある程度、犬社会も教えて無いと、困りますね

ネロリさん

そうなんです、自分がどうしても面倒が見れないときって必ずこれからありますよね、突然の不幸とか誰かの入院とか・・・。いろいろなことに準備しておかないといざとなったら飼い主も犬も困ってしまうことを、カウンセリングで聞かされほんとにごもっともと思いましたね。
ましてやうちは3頭いるのでやはりクレートトレーニングが一番の近道であろうと思いクレートトレーニング中心にトレーニングしていただいてるんですよ。これからゲリラ豪雨だの台風だの地震だのいろいろ考えたくないことは山のようにありますが、災害時の犬のストレスの軽減にも役に立つと思います。

それにしても、蘭丸の反応は意外でした(涙)至れり尽くせりやってあげるよりもたま~に遊んであげたりほめてあげたりする方が犬にとってめりはりがあってやる気が出るみたい、やはりやたらとかまわないようにするのが一番大事みたいですね(うちの場合ですけど)。
今回の件でコーギーとサモの違いにびっくりしている私です。

蘭ちゃんのセリフにhirokamiさんの悲しいというか裏切られたというか、
複雑な気持ちが出ているような気がします…
こんな態度取られたら誰だってショックですよねぇ。
でもこれから先、人間も犬も楽しくそして快適に暮らしていく為には必要なトレーニングなのでしょうね。
うちもちゃんと考えないといけないですね~。
まぁ、とにかく蘭ちゃんが環境に順応していてくれたので、安心しました。

ビアンカさん

蘭丸の態度Lでしたから~。
ぼくはトレーナーさんの言うことしか聞かないもん!見たいな態度でしたよまったく~。
やっぱりプロはすごいですね、たった2週間でちゃんとコミュニケーションとれちゃうんですからね~。ほめるタイミング、声をかけるタイミング、なでてほめるタイミングが絶妙にピントが合ってるというか・・・私も何度かやってみましたが、タイミングつかむのがすごく難しい。
いろいろなトレーナーさんがいますけど、犬を預けてしまったらどんなことをしているかわかりませんよね、なので絶対に信用できるトレーナーさんにしか預けてはいけないと思います。トリマーさんもそうです。犬はしゃべれませんからね!
私は、トレーナーさんとトリマーさんは本当にいい方々と出会えたなぁ~ラッキーだなぁって出会いに感謝してます。
でもレオン君とビアンカさんレオンパパさんとのコミュニケーションはちゃんととれてるように思えますよ、ブログの画像でレオン君の目がすごく素直な目してますもん。
蘭丸はアイコンタクトできないのでいつもおやつでつってカメラ目線にしていましたから・・・。

え~~~、蘭丸くん。ママさんのこと「おやつおばさん」だなんて・・・ひどい===★
エーン、ラフィーは、私のことを「給食おばさん」と思ってる????
主人は「僕は、お散歩おじさん?」

蘭丸くん、トレーニングが大好きになってくれたんですね。よかったあ。
元気そうで、なによりです。
あと、2週間のトレーニングで、蘭丸くんは変身♪ですね。楽しみ~~~★

ラフィーママさん

いえいえラフィーちゃんはそんなことないと思いますよ~。ちゃんと家族を認識してると思います。私の場合蘭丸の子育ては、ほとんどコギ太に任せてましたからねぇ~。なので人間より犬のほうが好きになってしまったんですね。人間に興味はあまり示しません。
子犬の頃1対1で蘭丸と遊んであげればよかったんだと思います。でもコギ太と遊んでいるほうがずっと楽しそうだったから好きなようにさせてたんです。自分が楽したしっぺ返しが今になって出てきたんでしょうね~。
多分2週間後もそんなに変わってないと思いますよ~。勝負は家に帰ってからです。

蘭丸君、楽しくトレーニングを頑張ってますね♪蘭丸君の面会の様子だと、家に戻ってからのhirokamiさんが大変そうです~
でも、トレーニングって必要なのかもしれませんね。
カロンはどうしよう・・・と思いつつトレーニングはしないできました。家で楽しく過ごせるならそれでいいね、って思ってました。でも、家の事情って変わります。私が妊娠したことでカロンとの散歩が出来なくなりました(すごく引っ張るから)コレは実母にヘルプを頼むことでクリア。今の問題点は、カロンは家の内外どこをも行き来できます。そこにベビー登場~で、階段など危ないところに柵をしたい。でも、そうするとカロンの行動範囲を狭めてしまう。そういうときのガマンをする訓練をしていないんです。ベビーが危なくないようにカロンが不自由でないようにと頭をひねるのですが、なかなか・・・
トリマーさんのブログも拝見しましたが、今の私にとってカロンは依存の対象。自覚しつつ、それでいいと思っているんですけど、家の事情が変わると甘やかし放題の犬では適応できなくなることもあるのだと考えさせられました。家族としての愛情と信頼・依存だけじゃダメなのかしら・・・犬との関係って難しいですね。

みかさん

はい!ワンコとの関係私も悩みました~。頭ではわかっていてもなかなか行動に移せなくて、それで委託することにしたんです。  カロンちゃんよいお姉ちゃんしてるようで、一番大事な第一段階はすんなりクリアしましたよね!その調子で赤ちゃんの成長とともにちょっと不自由なこともあるかもしれませんが、たぶん赤ちゃんに振り回されてそうせざるをえなくなると思いますが、一緒に成長してくれると思います。カロンちゃんのストレスもそれなりに強くなることもあるかもしれませんが、それはもう仕方のないこと、環境に応じて家族と一緒に暮らしてゆくのが室内犬の仕事ですからカロンちゃんの自由より赤ちゃんの安全を重視するのは当然のことと思います。もしどうしてもクリアできそうにない壁に当たったときは訪問トレーニングされる方に相談するとよいと思います。
環境が変わった今、アドバイスやカウンセリングを受けるのもよいと思います。
ご希望がありましたらいつでも紹介しますよ!
愛美ちゃんの健やかな成長を心よりお祈りしてます。もちろん蘭丸のお姉ちゃんのカロンちゃんもいつまでも自然体でいてほしいと思います。カロンちゃんガンバレ~、みかママもファイトー!
プロフィール

hirokami

Author:hirokami
2009年10月とうとう2コギ2サモの4頭飼いになったわが家のワイワイにぎやかな日常を綴ります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。