スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリン

7月5日夕方、グリン永眠。
20060203160408.jpg

10年前のお正月、雪の中をさまよっていた2ヶ月くらいのコロコロしたわんこ。

捨て犬だったグリンを保護しようと捕まえようとした時、威嚇され噛まれた。。。

人間不信だったようで保護した後も大人には威嚇したがその時小学3年の姪には触らせた。

私はその時、『こんな小さい時から威嚇して人間を噛む犬はうちで育てるのが難しいのではないか』と

正直に言ったのだが、姪は『絶対にこの犬を飼う』と言って泣きながら訴えた。

その後、姉の家に飼われることになったが人間不信は治らなかった。

グリンに何人噛まれたか・・・。

そんなグリンも4歳くらいですっかり落ち着き相変わらずお客さんには吠えつくが噛みつくまではしなくなった(汗)

姪も甥も成長し現在は大学生と高校生で2人とも忙しく、グリンの存在すら忘れているのではないかと思うくらい外出していることが多い。

先週の初めくらいから散歩に行ってもすぐに帰りたがっていた・・・でもそういうことは今までにもあったのであまり気にしていなかった(暑さのせいだと思っていた)

そして3日くらいして後ろ脚に力が入らなくなる。

病院で関節を見てもらうが異常は見当たらず肛門腺が詰まっていたので肛門腺を絞ってもらう。

翌日、後ろ脚で立つことができなくなる。

病院で血液検査、レントゲン、エコー検査・・・病名 播種性血管内凝固

血小板がすごく少なくなっていて心臓の外側の弁に腫瘍らしきもの、心臓と肺の間に血液がたまっている状態。

胸に注射針を刺し血液を抜く。

翌日、容体変わらず、ステロイド剤投薬。

そして本日、呼吸があまりにも苦しそうで病院へ、胸に前回よりも血がたまっていた。

血を抜く処置中に心臓が止まった。

あっという間だった、子犬のころからずっと隣で暮らしていた人間不信のわんこ。

姪と姉と私にしか懐かなかった女の仔。

最期は大好きな姪と姉とに抱っこされ病院へ、頭が上がらなかったのに車に乗ったとたん外を見たくてしっかり頭をあげ外を見てドライブにでも行くかのように張り切っていた。

最後に大好きなドライブできてよかったね!

安心しておやすみ・・・

今晩は家族そろって君のために涙を流しているよ。

ありがとねグリン。


本日、私的な記録のためコメント欄は閉じさせていただきます。


スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

hirokami

Author:hirokami
2009年10月とうとう2コギ2サモの4頭飼いになったわが家のワイワイにぎやかな日常を綴ります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。